愛人募集!男性から安全に援助を受ける3つの基準

いくつかの出会い系サイトの掲示板をいつも利用している私ですが、ここ最近、割り切りよりも定期的に援助を受けたいと思っている女性が増加している傾向にあります。つまりは、経済的に裕福な男性の愛人に収まりながら援助を受けたい女性の増加です。

1度きりの割り切ったセックスよりも、ある程度信頼関係を築いて定期的に会うほうが女性としても安心だと思います。

また、不特定多数の女性とセックスすることに抵抗を感じる男性もいます。そういった方は一人の女性と長くおつきあいする方を望んでいる方が多いです。

ここでは男性と愛人契約をして安全に援助を受けるための3つの基準をご紹介しております。尚、ここでは方法と事例を出しますが、あくまでも自己責任でお願いいたします。また、愛人募集がはじめての方だったりよくわからない方は愛人募集のルールや基本的なことを把握していただきたいと思います。

安全に援助を受ける3つの基準

相手が見つかっていざ会ってみると交渉内容が違っていたり、逃げられたり、様々なトラブルが発生する可能性も高くリスクはつきものです。できれば安心して長く定期的に相手と出会いたいですよね。お金も貰えずセフレ扱いにしようものならかなりムカつきます。

実際、男性はセフレ募集を真に受けて、お金を払わないことを企む男性もいるので要注意です。またそういう手法を教えているようなサイトまであります。

割り切りで募集している女性をセフレにする企みには要注意

そこでできるだけトラブルを回避し、安全確実に援助を受けるためには少し工夫が必要ですのでここでは安全に援助を受ける3つの基準をご紹介したいと思いますのでぜひ参考にしていただきたいです。

1.すぐに出会わない

すぐにでも稼ぎたい気持ちはわかりますがメールや交渉の段階ではすぐに出会わない方が良いです。なぜならある程度信頼関係が築いてからのほうが互いにとっても今後の良好な関係を築きやすいですし、

メールの段階で盛り上がれば盛り上がるほど信頼・好感度が高まりやり逃げを回避できる確率が低くなるからです。

なので大体1週間くらいメールのやりとりをしてから出会うのがベストでしょう。それでもすぐに出会って稼ぎたい気持ちが抑えられない場合は、上記のことを踏まえすぐに出会わない男性をストックしておくのと、すぐに出会う男性とを2つに分けながらやってみても良いかもしれません。いずれにしてもすぐに出会わないことを基準にしたほうが事は進んでいくと思います。

2.前払いは基本

よくあるのが、セックスが終わってから相手からお金を貰う女性がいます。

しっかりと払ってくれる男性なら何も問題はありませんが、中には事がなかったかのようにいきなり男性が逃げていなくなったり、脅してくるかのように強気に言って支払いを拒否する男性がいます。

そんな時女性からしてみたら、話の内容が違うって感じますし、怒りを覚えるかもしれません。結局当たりが悪かったとしか言いようがありませんが、それらを回避するためにも、まずは出会う前の交渉の段階で、前払いをお願いしておきましょう。そして出会ってからまた前払いを要求するのですが、少しでも男性が拒んだり何かにつけて言い訳がましい場合は、相手が支払わない可能性がありますので、そうなったときはあなたから立ち去ってください。

 

「ホテルに入ってから渡すね」

 

と言ってくる場合もありますが男性側もあなたにお金渡した時点で逃げられるのではないかと不安になっているかもしれません。一番良い方法はメールの段階で自分の不安をアピールした上で前払いはしてくれるのか?どこでお金を手渡してくれるのか?などを聞いて判断するのが重要ポイントです。

3.愛嬌と可愛いさアピールは重要

どんなに綺麗でもどんなに可愛くてもどんなにスタイルが良くても愛嬌や可愛いさがない女性は男性から嫌われます。はじめは男性もあなたのことを知らないので興味を抱き交渉内容成立→実行までいくかもしれませんが、それは長い目でみると定期的に長くは続かないことが予測されます。愛人募集している男性って意外とセックスだけじゃなく別なところを求めている人が多いんですよ。例えば、日々の生活でストレスを抱いていたり家庭では満足できない心の充足を補うために愛人を求めている人って多いのです。愛嬌・可愛いさがあれば相手の心を癒し、安心感を与え、恋人のような関係で長く定期的に長続きする秘訣なのです。

愛人募集をしている男性ってどんな人?

金銭的なやりとりがなされている出会いには割り切りの出会い、援交、逆援、愛人が基本ですが、私の経験上とくにこの中でも愛人募集している男性においてはまじめな性格の方が多かったです。メールもマメで秘密主義者という印象でしょうか。愛人というとたくさんお金を持っているというイメージでしたが、詳しい年収はわかりませんが、お金持ちの人もいれば低所得の方もいて援交や割り切りで出会った方たちとそんなに差はありませんでした。それから愛人といっても互いのプライベートなことは聞き出さないというルール設定をする男性が多かったです。恐らくこの世界においては暗黙の了解みたいなところもあるのでしょうが、”家族を大切にしている男性”というのがいままで私が出会ってきた男性の印象となります。

愛人募集はどこでおこなうの?

愛人募集を主体にしている出会い系の掲示板サイトがあります。1日に何千、何万という書き込みされている巨大掲示板サイトになりますが、そこで男女ともに援助募集をしている人がほとんどです。

金銭的なやりとりは掲示板では書き込みませんが(昔はカキコミされていましたが、最近では規制が掛かってしまう、もしくは隠語使用にてのカキコミ)個人メッセージのやりとりで主に金銭面の交渉をするのが基本です。

私の場合、自分のプロフィールを充実(3サイズをしっかり書いたり加工写メを載せたりする)させた上で書き込むことで1度に50通くらい男性からメッセージが来ます。

中には冷やかしのような、愛人契約をする気もない写メ要求の人がいたり「エッチな話しよう」とか愛人募集に関係のないメッセージまで来ることがありますが、50通も読めないので(笑)ざっと流し読みをして長文メッセージを書いている人だけ真剣に読むことにしています。

だいたいは1度の書き込みで愛人パートナーを見つけだすことが可能なので大手掲示板を利用しない手はないかと思います。また、私の経験上、愛人募集の書き込みをしている男性にこちらからメールをして良かった経験が一度もありませんでした。男性側も女性からたくさんメッセージが来ている為だと思うのですが、メッセージの返信が異常に遅かったり、真剣味がなかったり、大した容姿も良くない男性から、あっさりと断られたりといった経験があるので私の場合はできるだけ自分から募集をしていました。

コメントを残す